焦がしラードの作り方

北海道の旭川ラーメンでおいしいと言われる有名なラーメン屋さんに
蜂屋というお店があります。

旭川ラーメンというのは豚骨などから取った動物系のスープと別で
取った魚介系のスープを混ぜたWスープが特徴です。

蜂屋のラーメンはそのWスープに焦がしラードが乗っているので
とても香ばしく魚介の香りのするラーメンです。

この焦がしラードというのはどうやって作るのでしょうか?
当然かも知れませんが蜂屋の焦がしラードの作り方のレシピなどは
公開されていませんが、強烈な魚介の香りがするためラードに
魚介の香りを移しているのはたぶん間違いないでしょう。

この焦がしラードを味わうには旭川にある蜂屋と新横浜ラーメン博物館
で食べることが出来ますが、それでも無理という方には
菊水というメーカーがこの蜂屋のラーメンの生麺と乾麺の両タイプの
商品を製造販売していますので通販で買うのも良いかも知れません。

hatiya.jpg

生麺はともかく袋タイプの乾麺もレベルを超えたおいしさです。
posted by 北海道ラーメン at 10:33 | 旭川ラーメン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。