吉山商店 焦がし風味噌ラーメン

北海道札幌市にある吉山商店の味噌ラーメンを再現したカップ麺が
登場しました。

2012062610390000.jpg

もちろん吉山商店の店主監修です。再現したメーカーは
数多くの名店の味を再現してきた「とかち麺工房」です。

ノンフライ麺、乾燥ネギ、そしてスープは粉末ではなく液体スープの
素です。それによって吉山商店のラーメンの味を再現しています。

2012062610400000.jpg

焦がし風というようにどこと無く香ばしい風味が美味しいです。

2012062610460000.jpg

吉山商店のお店の(本店)場所は

札幌市東区東苗穂3条2丁目4-25です。
タグ:吉山商店
posted by 北海道ラーメン at 09:24 | 札幌

旭川ラーメン 青葉

旭川ラーメンとは北海道の旭川のご当地ラーメンです。

その特徴はまずはスープにあります。この旭川ラーメンのスープは
Wスープという物でこれは動物系といわれる豚骨や鶏ガラなどの物と
魚介系といわれる昆布や節類などのものをそれぞれ別々に抽出した
スープを後で合わせるものです。

そのために非常に奥深い味になるのが特徴です。

旭川ラーメンのお店にも名店といわれるお店が数多くありますが
「旭川らーめん 青葉」さんもとても美味しいため人気のある名店です。

製麺メーカーとコラボをしてこのようなインスタント袋麺まであります。

asahikawaaoba.jpg

「旭川らーめん 青葉」さんに行くには遠方過ぎていけないという
方にはこのようなインスタント袋麺でその雰囲気を味わうだけでも
良いかも知れませんね。

インスタントでありますが、この商品のレベルは非常に高く旨く
名店の青葉さんの味を再現した商品だと思います。
posted by 北海道ラーメン at 11:25 | 旭川ラーメン

メンエイジ 魚介豚骨醤油味

北海道の札幌市にあるメンエイジさんの魚介豚骨醤油味ラーメンが
マルちゃんよりカップラーメンになったので早速買ってみました。

2012022404350000.jpg

カップにお湯を入れて5分後に後入れの液体スープを入れたら
プ〜ンと魚介のいい香りがしましたので食べる前からかなり期待
していました。

2012022412130000.jpg

味は期待とおりで濃厚な豚骨スープに魚介の風味がとても効いている
美味しいスープにノド越の良いシコシコした細麺との相性が
とても良いです。

カップの重量が結構あったのですが、そのわけは中にレトルトの
チャーシューとメンマの具材が入っていたからでした。

チャーシューは分厚く存在感がありとても柔らかくって
美味しかったです。

2012022412130001.jpg

カップラーメンですがとても美味しく満足の出来る一杯でした。
posted by 北海道ラーメン at 18:26 | 札幌

すみれの味噌ラーメン

味噌ラーメンのすみれといえば北海道の札幌市豊平区に本店が
ある超有名店です。

本場だけあって沢山の札幌ラーメンのお店がありますが、その中
でも特に有名で人気があるのはやはり他にはない美味しい特徴が
あるからでしょう。

すみれの味噌ラーメンその人気の秘密は超濃厚味噌スープだから
だと思います。

創業は昭和の39年からだそうですが、その味を今まで変えずに
守ってきたそうです。

そんな人気店ですのでこのようにカップ麺にもなっています。
ちなみにメーカーは日清です。

sumire.jpg

本物とまでは行きませんが、結構いい感じですみれさんの
味噌ラーメンの味を再現しているのではないかと思います。

特に濃厚でギラギラしたコッテリ感のあるスープは美味しいです。
posted by 北海道ラーメン at 09:32 | 札幌

らーめん山嵐 (やまあらし)

北海道札幌市にあるらーめん 山嵐 (やまあらし)名店といわれる
こちらのお店のあつもりつけ麺 煮干バター味噌がカップ麺に
なりました。

yamaarasi.jpg

製造したメーカーは北海道のとかち麺工房さんです。販売はご存知
サークルKです。

らーめん 山嵐さんの煮干バター味噌の味をインスタントながら上手く
再現していると思います。

氷結乾燥のつけ麺らしく太麺でお湯で戻すのに他に比べると少々時間が
掛かりますが、戻した後の麺のコシはとても良いです。

つけ麺というと濃厚魚介豚骨というのが多い中で煮干バター味噌の味
というのはまた違った味でとてもおいしいです。

らーめん 山嵐のようにこういった名店の味が気軽に家庭で楽しめる
のは嬉しいですね。
posted by 北海道ラーメン at 18:42 | 札幌

札幌さんぱち

札幌市を中心に展開するラーメンのチェーン店の「さんぱち」

ピリ辛な味噌ラーメンがウリです。

そんなさんぱち味噌ラーメンをカップ麺で再現したのがこちらの製品です。

sanpati.jpg

これを作ったメーカーは北海道のとかち麺工房です。

さんぱち味噌ラーメンの旨さのコクと豆板醤によるピリ辛をカップ麺で
味わうことが出来ます。

これとっても美味しかったのですが、もう店頭では見なくなったのが
残念です。
posted by 北海道ラーメン at 11:57 | 札幌

白樺山荘 札幌本店

札幌ラーメンの本場といえばやはり本場だけに美味しくって人気の
あるラーメンの有名店がたくさんあります。

そんな有名店の多い強豪の引きしめあう本場でもさらに有名なお店が
味噌ラーメンの白樺山荘さんです。

白樺山荘さんの味噌ラーメンはこのように菊水という製麺メーカーが
インスタント麺としても販売していますのでご存知の方も多いかも
知れませんね。

sirakabasansou.jpg

ちなみにこの白樺山荘さんの味噌ラーメンを再現したインスタント麺
ですが、インスタントでも十分に美味しいです。

もちろん本物はもっとおいしいです。

白樺山荘の本店は札幌市豊平区にありますが、その他支店として
札幌らーめん共和国店
札幌ラーメン横丁店
ラーメン国技館店
羊ヶ丘店
山の手店
北海道ラーメン道場店
五所川原店があります。

白樺山荘 札幌本店
場所 札幌市豊平区平岸3条13丁目7-12
営業時間 11:00〜20:15(LO)
定休日 月曜日(祝・日の場合は営業)
posted by 北海道ラーメン at 19:00 | 札幌

焦がしラードの作り方

北海道の旭川ラーメンでおいしいと言われる有名なラーメン屋さんに
蜂屋というお店があります。

旭川ラーメンというのは豚骨などから取った動物系のスープと別で
取った魚介系のスープを混ぜたWスープが特徴です。

蜂屋のラーメンはそのWスープに焦がしラードが乗っているので
とても香ばしく魚介の香りのするラーメンです。

この焦がしラードというのはどうやって作るのでしょうか?
当然かも知れませんが蜂屋の焦がしラードの作り方のレシピなどは
公開されていませんが、強烈な魚介の香りがするためラードに
魚介の香りを移しているのはたぶん間違いないでしょう。

この焦がしラードを味わうには旭川にある蜂屋と新横浜ラーメン博物館
で食べることが出来ますが、それでも無理という方には
菊水というメーカーがこの蜂屋のラーメンの生麺と乾麺の両タイプの
商品を製造販売していますので通販で買うのも良いかも知れません。

hatiya.jpg

生麺はともかく袋タイプの乾麺もレベルを超えたおいしさです。
posted by 北海道ラーメン at 10:33 | 旭川ラーメン

らーめん専門の山頭火本店

山頭火といえば旭川市に本店のあるラーメンの専門店です。

山頭火はチェーン店なので各地方にもお店がありまたこのように
カップ麺やインスタント袋麺などでもその味を再現された物が
販売されているのでご存知の方もいるかも知れませんね。

santouka2.jpg

ちなみにこのカップ麺はコンビニのセブンイレブンで販売されて
いる物ですが、山頭火のラーメンの味をかなり忠実に再現してあり
カップ麺の中でもかなりのレベルの高い商品だと
個人的には思っています。

さて、こちらが本物の山頭火のラーメンです。豚骨をベースに
取ったダシに塩味で味付けされたスープです。

santouka.jpg

とっても濃厚でコクがありコッテリ感のあるスープは恐らく誰が
食べても「旨い!」「おいしい!」と感じると思います。

特に若い方にはギラギラとしたコッテリ感が受けるのでは
ないかと思います。

真ん中にある赤い物は小梅なのですがこれがまたスープとの
相性が良いです。ちょっとした箸休めになると思います。

山頭火本店
北海道旭川市1条通8丁目348番地3 ささきビル1F
営業時間 11:00〜22:00(定休日なし)

タグ:山頭火本店
posted by 北海道ラーメン at 17:46 | 旭川ラーメン

サッポロ味噌ラーメン

サッポロラーメンというのはその地名が付いているように北海道の
サッポロ市が発祥の地です。その歴史は以外に古くなんと大正時代
だそうです。凄く古い歴史なんですね。

実はサッポロラーメンと呼ばれるものには大きく分けて2種類あり、
その一つが戦前主流だったアッサリ目のスープのラーメン。
そして二つ目現在のサッポロラーメンで、拳骨などの豚骨から取った
コクのあるスープです。

kai336688.jpg

サッポロラーメンそのものは、1923年の中国料理店の竹家食堂の
創業とともに始まりました。

これが先ほどのあっさり目のラーメンです。

これが北海道のサッポロ市内で人気となり、他店にも広まりましたが、
太平洋戦争の物資統制によって、この種のラーメン姿を消しました。

しかし、一度は消えたサッポロラーメンですが、戦後に再びスタイルを
変えて登場します。

これが現在のサッポロラーメンで、この頃は屋台からで当時の
味付けはしょう油味と塩味のみでしたが、味の三平と言うお店が
開発した味噌ラーメンによりサッポロラーメンがご当地ラーメン
として全国的に有名になったそうです。

ho112233.jpg
posted by 北海道ラーメン at 11:42 | 札幌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。